このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド公務員系年収データ職業・資格別年収ランキング>小学校教師・中学校教師の年収

小学校教師・中学校教師の年収

公立小学校・中学校教師の収入状況を掲載

2014年03月03日 2020年08月27日

「地方公務員給与実態調査結果の概要」のデータを集計し、小学校教師・中学校教師の年収・収入状況を掲載しています。

2019年
小学校教師・中学校教師

平均年収
671万2631円
ボーナス・賞与
173万4791円

小学校教師・中学校教師になるには

基本的には短期大学・大学に進学し、教員免許を取得する必要があります。
教員免許を取得後に採用試験を受験し、合格すれば教師として働くことができます。

小学校教師・中学校教師の初任給

東京都(2019年)

  小学校、中学校、高等学校、義務教育学校、中等教育学校
特別支援学校
大学卒 約248700円 約261700円
短大卒 約227400円 約239300円

大阪市(2019年)

  短期大学卒業者 大学卒業者 修士課程修了者
幼稚園教諭 205200円 231300円 252500円
小・中学校教育職 240500円 265500円 265900円
高等教育職 216200円 265800円 266200円

小学校教師・中学校教師の初任給は各市区町村によってさまざまですが、大都市圏の大学卒業者で25万円程度が平均水準です。

初任給ではその地域の一般的なサラリーマンよりは高給になることが多いようです。

大学卒以上の場合であれば小学校教師・中学校教師1年目の年収は350万円以上になります。

小学校教師・中学校教師の収入状況

年齢 平均給与 諸手当 月額給与 賞与 年収
2019年42.3歳35万5362円5万9458円41万4820円173万4791円671万2631円
2018年42.6歳35万7441円5万9767円41万7208円172万4228円673万724円
2017年42.8歳35万9806円5万8656円41万8462円171万2498円673万4042円
2016年43.1歳36万2806円5万6702円41万9508円167万7834円671万1930円
2015年43.3歳36万5146円5万4952円42万98円164万2914円668万4090円
2014年43.4歳36万7201円5万3239円42万440円160万7856円665万3136円
2013年43.6歳36万7031円5万2724円41万9755円140万344円643万7404円
2012年43.8歳36万8725円5万3172円42万1897円140万1088円646万3852円
2011年43.8歳37万1303円5万3609円42万4912円156万5867円666万4811円
2010年43.9歳37万2202円5万6346円42万8548円156万8711円671万1287円
2009年43.9歳37万5768円5万9613円43万5381円166万3723円688万8295円
2008年43.8歳38万2959円6万2029円44万4988円184万3560円718万3416円
2007年43.8歳38万8212円6万1726円44万9938円185万7623円725万6879円

小学校教師・中学校教師の平均年収は例年、おおむね700万円前後、ボーナスは約170万円程度で推移しています。

年収では一般行政職(市役所職員など)よりも若干高い程度の水準に設定されています。
一般職と比較すると残業や学校外作業も多くなるため、当然の設定と言えるでしょう。

小学校教師・中学校教師の年齢別年収推移と生涯賃金

総務省発表の地方公務員年齢推移データを利用して、収入の年齢推移を算出しました。
ボーナスは地方公務員と同様の月数、22歳から59歳までを生涯年収として算出しています。

年齢 給与 ボーナス 年収
22歳21万5390円94万7716円353万2398円
23歳22万5268円99万1179円369万4397円
24歳23万5146円103万4642円385万6396円
25歳24万5024円107万8106円401万8394円
26歳25万4403円111万9377円417万2222円
27歳26万3285円115万8456円431万7879円
28歳27万2167円119万7533円446万3537円
29歳28万1048円123万6612円460万9194円
30歳29万217円127万6959円475万9576円
31歳29万9675円131万8572円491万4681円
32歳30万9133円136万187円506万9787円
33歳31万8591円140万1800円522万4892円
34歳32万8423円144万5063円538万6146円
35歳33万8630円148万9976円555万3547円
36歳34万8838円153万4888円572万948円
37歳35万9045円157万9800円588万8349円
38歳36万9054円162万3836円605万2483円
39歳37万8862円166万6996円621万3350円
40歳38万8672円171万156円637万4218円
41歳39万8480円175万3315円653万5085円
42歳40万7085円179万1175円667万6196円
43歳41万4484円182万3732円679万7550円
44歳42万1884円185万6291円691万8905円
45歳42万9283円188万8849円704万259円
46歳43万5759円191万7342円714万6457円
47歳44万1311円194万1767円723万7497円
48歳44万6861円196万6193円732万8537円
49歳45万2413円199万618円741万9578円
50歳45万7013円201万861円749万5028円
51歳46万663円202万6921円755万4887円
52歳46万4314円204万2981円761万4748円
53歳46万7964円205万9041円767万4607円
54歳47万1199円207万3279円772万7678円
55歳47万4021円208万5696円777万3959円
56歳47万6843円209万8112円782万239円
57歳47万9665円211万530円786万6521円
58歳48万1076円211万6738円788万9661円
59歳48万1076円211万6738円788万9661円
生涯賃金:2億3422万9466円

22歳の大卒時から年収は350万円を超えてきます。
30歳後半で600万円、40歳を超えると650万円にまで年収が増加します。

その後も公務員らしく順調に収入は伸びていき、50歳で年収約750万円となり、定年間際で800万円まで上昇します。

年収が1000万円を超えるのは役職に就いている小学校教師・中学校教師か東京・大阪などの大都市のみ。
地方都市の平均的な小学校教師・中学校教師であれば、年収1000万円を超えるのは定年間際になったとしても難しいでしょう。

生涯賃金は年収合計2億3422万9466円に退職金の約2200万円を加えた約2億6000万円程度になります。
※このデータには残業代など手当てが含まれていません。それらを含めると生涯賃金は3億円に近くなる事が予想されます。

教育公務員の退職金について

2018年 地方公務員 都道府県退職金データより。

正確な小学校教師・中学校教師限定の退職金ではありませんが、総務省が発表した各都道府県の教育公務員全体の退職金の数値が発表されています。

退職金 退職金(60歳)
2019年1107万2212円2240万4872円
2018年1108万5085円2234万9893円
2017年1138万6765円2327万2574円
2016年1132万8659円2333万1063円
2015年1139万9063円2370万7148円
2014年1213万7787円2505万574円
2013年1290万6404円2700万9191円
2012年1286万106円2776万4510円
2011年1297万8702円2792万4319円
2010年1302万4127円2814万702円
2009年1309万6680円2839万212円
2008年1345万5914円2870万4085円
2007年1278万1808円2822万7957円
2006年1259万1872円2902万7297円

ここ10年程度は大きく退職金が減少していますが、近年はおおむね2200万円~2300万円程度で推移しています。

公務員としては平均よりも若干高い水準で支給されています。

教育公務員(教師) 都道府県別退職金ランキング

※2019年 地方公務員 都道府県退職金データより

都道府県 退職金 退職金(60歳)
1位三重県452万1000円2323万6000円
2位神奈川県2009万8000円2306万5000円
3位静岡県2032万8000円2301万円
4位京都府1201万1000円2300万6000円
5位兵庫県1569万1000円2298万9000円
6位岡山県480万1000円2291万4000円
7位福島県575万円2277万円
8位鹿児島県331万9000円2269万5000円
9位福岡県443万5000円2265万5000円
10位大阪府1872万8000円2262万7000円
11位千葉県673万5000円2261万円
12位群馬県492万8000円2260万9000円
13位山梨県691万8000円2259万8000円
14位茨城県511万6000円2258万2000円
15位山口県631万円2258万1000円
16位新潟県819万円2258万円
17位山形県780万6000円2256万7000円
18位富山県689万3000円2252万8000円
19位石川県1969万4000円2252万4000円
20位大分県2137万7000円2251万7000円
21位福井県2023万3000円2250万8000円
22位香川県1817万7000円2249万円
23位滋賀県2006万6000円2248万6000円
24位愛知県745万6000円2246万5000円
25位岩手県1915万5000円2246万4000円
26位宮城県673万1000円2243万3000円
27位佐賀県481万4000円2240万1000円
28位宮崎県370万6000円2238万3000円
29位長野県564万円2237万3000円
30位愛媛県959万2000円2236万3000円
31位広島県1686万5000円2236万1000円
32位埼玉県479万4000円2234万7000円
33位島根県2084万3000円2234万2000円
34位熊本県377万7000円2234万1000円
35位東京都749万6000円2225万7000円
36位徳島県2067万9000円2223万7000円
37位秋田県2113万円2212万8000円
38位栃木県2006万4000円2210万7000円
39位高知県673万6000円2206万1000円
40位北海道1466万3000円2203万6000円
41位長崎県708万1000円2203万3000円
42位奈良県1686万5000円2198万5000円
43位鳥取県1993万円2195万5000円
44位和歌山県692万3000円2192万2000円
45位青森県629万円2166万4000円
46位岐阜県489万8000円2137万7000円
47位沖縄県214万1000円2084万7000円

都道府県別教育公務員の退職金データの一覧です。
小中学校教師に限定したものではなく、総務省が発表した各都道府県の教育公務員全体の数値となります。

60歳定年の退職金は、おおむね2200万円を超えており、一般行政職よりも若干高い数値になっています。
地域差もそれほど見受けられず、どの都道府県も満遍なく十分な退職金が支給されているといえるでしょう。

その他のピックアップ職業一覧

他の216職種の
職業・資格 年収ランキングを見る

50音順職業一覧

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキングを一覧表示。
日本の上場企業のランキングを全て見ることができます。1位の企業は果たして‥。

200職種以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は?みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付け。日本の年収序列が明確にわかるランキングになっています。

全国1700市区町村の地方公務員の年収をランキング。
日本の公務員の年収序列が一目でわかる一覧データを掲載。