このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド職業・資格別年収ランキング>漫画家の年収

漫画家の年収

漫画制作を生業とする漫画家の収入状況を掲載

情報誌や漫画発行部数のデータを集計し、漫画家の年収・収入状況を掲載しています。

漫画家の年収

0円~数億円以上

漫画家の年収・収入について

漫画家とは

漫画家とは、雑誌や書籍に掲載する漫画を描き収入を得る職業です。
雑誌などの他にウェブで作品を公開するケースもあります。

漫画家になるには

漫画週刊誌で募集している新人賞に応募し、賞を受賞後に漫画家としてデビューするルートが一般的です。

その他には直接出版社に持ち込んで、作品をアピールする方法もあります。
直接持ち込み、作品に対するアドバイスをもらいながら漫画家としてのスキルを磨いていきます。
出版社は自社の雑誌の売上げを上げるため、「良い漫画家」を獲得するために積極的に持ち込みを受け入れています。
見込みがあると判断されれば、持ち込みからデビューすることも珍しい話で貼りません。

アシスタントについて

漫画家としてデビューする前に連載を持っている漫画家のアシスタントとして経験を積む人も少なくありません。
実際の漫画制作のイロハを学べたり、出版社とのコネができたりとメリットが多く、現在でも多くの人がアシスタントとして経験を積みながらデビューを目指しています。

ちなみにアシスタントの収入は時給や日給、月給制で固定された給与が支払われます。
おおむね日給にして8000円~1万円程度が一般的ですが、労働時間や給与については技能や状況により様々のようです。

中にはプロのアシスタントとして正社員として雇用されている人もいます。

収入の種類について

漫画家の収入は、雑誌連載1ページに対する「原稿料」と連載後に発行される単行本・コミック本の「印税」の2つがあります。

連載の原稿料

連載の枚数1枚あたりに対して原稿料が支給されます。
1枚あたりの平均は3000円~数万円と幅広く、掲載する雑誌の発行部数や知名度、作者の人気などによってさまざまな契約が結ばれています。
マイナー雑誌の場合には原稿料が0円のケースもあります。

有名漫画誌の1話分はおおむね20ページ前後です。
1ページを1万円と仮定すると1話あたり20万円程度の収入になり、週刊誌の場合だと4週x20万円で月収は80万円になります。
80万円を収入として得ることができれば裕福な生活が送れそうなものですが、プロの漫画家はアシスタントを複数人雇用していることが通常であるため、人件費や事務所費用など必要経費を引いてしまうと残るお金はそう多くはありません。

単行本の印税

単行本・コミックの印税はおおむね10%程度です。
発行部数x(定価x10%)が印税収入となります。

仮に100万部が売れた場合
1冊400円の10%の40円x100万部=4000万円
という計算になります。

出版不況が言われている中ですが、小説などの一般的な書籍に比べると「漫画コミック」の売れ行きは段違いに良いようです。
小説であれば100万部を超えるタイトルは年間にそうあるものではありませんが、人気漫画であれば100万部程度なら珍しい数字でありません。
「週刊少年ジャンプ」(発行部数230万部※2015年)などの人気週刊誌に連載されているタイトルであれば単行本化されれば数十万部は軽く売り上げることができます。
※1巻2巻と連続して出版されるため部数を重ねやすいことも数字が伸びる要因のひとつ。

ただ、連載を持っていればどんな作品でも単行本化されるわけではありません。
マイナー雑誌に連載を持った場合は人気次第では単行本化されずに原稿料だけしか収入がないケースもあります。

その他の収入

その他の収入源として、作品のアニメ化や映画化、キャラクター商品の開発などによる著作権使用料が期待できます。
ただし、ヒット作品の作者しかこの収入を得ることはできません。

収入について

漫画家の収入は「原稿料」と「印税」で成り立っているわけですが、実際は原稿料だけでは十分な生活はできないといいます。

週刊連載であれ月刊連載であれプロの漫画家であれば、ほとんどの人が数人のアシスタントを雇用しています。
仮にアシスタントの日給を1万円としても20日出勤で月20万円。
それが4人もいればそれだけで80万円にもなり、1枚数万円程度の原稿料では赤字になるか利益が出たとしても作者の取り分は微々たる金額になります。
その埋め合わせとして単行本・コミックの印税収入があり、ほとんどのプロ漫画家は単行本の印税がメインの収入源になっているのが実情だといいます。

年収としてはトップクラスの漫画家で年収が億単位。
※「ワンピース」の尾田栄一郎さんや「ゴルゴ13」のさいとうたかおさんなど。

有名週刊誌に連載を持つレベルであれば単行本の売れ行き次第で年収数千万円が期待できるでしょう。

単行本化が期待できないようなマイナー雑誌の場合は原稿料のみの数百万円位から、最悪の場合だと0円というケースも考えられます。

結局は、売れている人気雑誌に連載を持てるか。
単行本の部数をどこまで伸ばせるかが漫画家としての収入を左右します。

歴代の発行部数ランキング(2015年現在)

タイトル 発行部数 予想印税

ワンピース
3億2000万部 400円x10%x3億2000万部
予想印税:128億円

ゴルゴ13
2億部 552円x10%x2億部
予想印税:110億4000万円

ドラゴンボール
1億5700万部 400x10%x1億5700万部
予想印税:62億8000万円

こちら葛飾区亀有公園前派出所
1億5600万部 400x10%x1億5600万部
予想印税:62億4000万円

名探偵コナン
1億4000万部 429円x10%x1億4000万部
予想印税:60億600万円

その他のピックアップ職業一覧

他の198職種の
職業・資格 年収ランキングを見る

50音順職業一覧

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキングを一覧表示。
日本の上場企業のランキングを全て見ることができます。1位の企業は果たして‥。

190種類以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は?みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付け。日本の年収序列が明確にわかるランキングになっています。

全国1700市区町村の地方公務員の年収をランキング。
日本の公務員の年収序列が一目でわかる一覧データを掲載。

PAGE TOP↑