このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド年齢・年代・世代別 年収データ一覧年齢・年代・世代別 年収データ> 19歳以下の平均年収

19歳以下の平均年収

19歳以下の年収推移データを掲載。

2017年の国税庁「民間給与実態統計調査」をもとに、19歳以下の年収状況を算出。
19歳以下の平均年収は132万3000円(男性:155万3000円 女性:110万6000円)でした。

19歳以下の平均年収は100万円台と男女ともに収入状況は低水準。
働き始めた若者が対象になっているため当然の数字と言える。

 19歳以下
平均年収
132万3000円

男性:155万3000円

女性:110万6000円

19歳以下の平均年収推移グラフ

平均年収のデータをより比較しやすいように年から年までをグラフにして表示しました。
やはり景気の波に比例して増減があることがわかります。

19歳以下の収入状況

19歳以下の男女別、合計データと事業規模別の平均年収一覧です。
女性と男性の収入差を比較することができます。

  • 2017年:132万3000円
  • 2016年:130万6000円
  • 2015年:132万4000円
  • 2014年:130万3000円
  • 2013年:126万1000円
  • 2012年:125万6000円
  • 2017年:155万3000円
  • 2016年:157万2000円
  • 2015年:158万3000円
  • 2014年:157万円
  • 2013年:142万4000円
  • 2012年:144万8000円
  • 2017年:110万6000円
  • 2016年:106万2000円
  • 2015年:102万6000円
  • 2014年:103万6000円
  • 2013年:106万1000円
  • 2012年:104万1000円
事業所規模 男性 女性 合計
10人未満 167万7000円 164万9000円 166万9000円
10人以上 154万5000円 92万7000円 123万1000円
30人以上 140万4000円 126万1000円 132万7000円
100人以上 209万1000円 149万5000円 179万2000円
500人以上 192万2000円 124万6000円 162万8000円
1000人以上 143万円 108万3000円 126万円
5000人以上 124万6000円 90万6000円 104万7000円
平均 155万3000円 110万6000円 132万3000円

都道府県ごとの年齢別年収状況 2017年

「賃金構造基本統計調査」より都道府県別年齢別年収を掲載しています。
19歳以下の年収を都道府県ごとに比較することができます。

※データは短時間労働者を除く一般労働者。 そのため、上記「民間給与実態統計調査」よりも数値データは高くなります。詳細は賃金構造基本統計調査を参照

19歳以下の都道県別年収データはありません。

年齢・年代・世代別 年収データ一覧

年齢・年代・世代別年収データへのリンク。
気になる世代をご覧ください。

19歳以下 20代前半
20代後半 30代前半
30代後半 40代前半
40代後半 50代前半
50代後半 60代前半
60代後半 70代以上
20歳21歳22歳23歳24歳
25歳26歳27歳28歳29歳
30歳31歳32歳33歳34歳
35歳36歳37歳38歳39歳
40歳41歳42歳43歳44歳
45歳46歳47歳48歳49歳
50歳51歳52歳53歳54歳
55歳56歳57歳58歳59歳
60歳61歳62歳63歳64歳
65歳66歳67歳68歳69歳
70歳

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキングを一覧表示。
日本の上場企業のランキングを全て見ることができます。1位の企業は果たして‥。

200職種以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は?みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付け。日本の年収序列が明確にわかるランキングになっています。

全国1700市区町村の地方公務員の年収をランキング。
日本の公務員の年収序列が一目でわかる一覧データを掲載。

PAGE TOP↑