このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイドサラリーマン・一般の年収データ一覧>サラリーマン・一般の退職金データ

サラリーマン・一般の退職金データ

各種統計資料よりサラリーマン・一般の退職金データを掲載

2015年 サラリーマン・一般の男性の退職金データを掲載しています。
※データは「ユースフル労働統計-労働統計加工指標集-2017」より。

上記のグラフからもわかるように、学歴の上昇に応じて退職金の金額も増加する傾向にあります。

学歴別・企業規模別退職金

学歴 10人~99人 100人~999人 1000人以上 企業規模計
中学卒 630万円 970万円 1600万円 1250万円
高校卒 720万円 1150万円 1820万円 1420万円
高専・短大卒 840万円 1230万円 1990万円 1540万円
大学・大学院卒 1230万円 1520万円 2240万円 1880万円

企業規模毎の退職金データをみると、企業規模が大きくなるほど退職金の金額も増加しています。
1000人以上の大企業では、高校卒であっても1800万円以上の退職金が期待できます。

これらのデータから、退職金は企業規模が大きくなるほど、学歴が高くなるほど増加していく傾向にあるといえるでしょう。

ただ、ここ数年にわたる退職金データでは

2003年:2610万円(大学・大学院卒)
2007年:2280万円(大学・大学院卒)
2015年:1880万円(大学・大学院卒)

とわずか12年で退職金の平均が700万円以上減少しているという調査結果がでています。
現在では大企業・中小企業問わず、固定費である人件費の抑制に取り組んでいる事から、退職金の減少傾向は今後も続いていくと予想されています。

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキングを一覧表示。
日本の上場企業のランキングを全て見ることができます。1位の企業は果たして‥。

190種類以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は?みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付け。日本の年収序列が明確にわかるランキングになっています。

全国1700市区町村の地方公務員の年収をランキング。
日本の公務員の年収序列が一目でわかる一覧データを掲載。

PAGE TOP↑