このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド職業・資格別年収ランキング>プロ野球の審判の年収

プロ野球の審判の年収

プロ野球の審判の収入状況を掲載

プロ野球情報誌など各種情報媒体より、データを集計。
プロ野球の審判の年収・収入状況を掲載しています。

プロ野球の審判の年収

1軍年収:750万円以上
2軍年収:345万円以上

プロ野球の審判の年収・収入について

プロ野球の審判とは

プロ野球の審判とは、日本のプロ野球において審判をしている人の事をいいます。
2015年現在、セリーグ・パリーグを合わせて約60名のプロ審判が活躍しています。

給与体系

審判は1年契約の年俸制になっています。
定年は55歳。※条件により58歳まで

1軍:年俸750万円
2軍:年俸345万円

これらの他に出場手当が支給。
-1軍-
公式戦球審:34000円
公式戦塁審:24000円
控え:7000円

-2軍-
一律:2000円

これらの数字を合計すると、1軍の現役審判で年収1000万円以上。
2軍の審判だと400万円前後の年収になります。

1軍の審判であれば、年収1000万円程度になり相当な高年収にも思えますが、定年が55歳ということもあり、一般のサラリーマンと比べて特別に収入が多いわけでは無いようです。

プロ野球の審判になるには

現在、プロ野球の審判を目指す人のために日本野球機構は「NPBアンパイア・スクール」を開校しています。
この講座は審判を目指す人、審判に興味のある人、スキルを磨きたい人を対象に開講されているもので、この受講者の中から選抜され、将来の審判が採用されています。

アンパイアスクールで高い評価を受けた人は、その後12球団の春季キャンプに参加し、審判の技術と技能を磨き上げていきます。

2014年度4名(育成審判員2名、研修審判員2名)
2015年度4名(すべて研修審判員)

例年4名程度とかなりの狭き門になっています。

【身体制限】
身長:175センチ以上(プロ野球選手に毅然とした態度をとれるように)
視力:裸眼で1.0以上
※ある程度の裁量幅がある

その他のピックアップ職業一覧

他の198職種の
職業・資格 年収ランキングを見る

50音順職業一覧

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキングを一覧表示。
日本の上場企業のランキングを全て見ることができます。1位の企業は果たして‥。

190種類以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は?みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付け。日本の年収序列が明確にわかるランキングになっています。

全国1700市区町村の地方公務員の年収をランキング。
日本の公務員の年収序列が一目でわかる一覧データを掲載。

PAGE TOP↑