このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド年収マガジンライフ> 【婚活 男女別人気職業ランキング】ランキング1位は納得のあの職業

【婚活 男女別人気職業ランキング】ランキング1位は納得のあの職業

2019年03月19日

|更新:2019年04月03日

|views:417

ライフ

年収ガイド運営チームがクラウドサービスを利用して「結婚したい相手の職業」についてのアンケートを行いました。
そして、それらのデータを集計し、「結婚したい職業ランキング」を男女別に作成致しました。

男性女性共に収入が安定していることが必須条件となっていましたが、意外な職業もランキングに入りこんでいます。
また、男女別で少し求めるものが異なる事も興味深いポイントです。

男女別の結婚したい職業ランキングをご覧ください。

linkyunit
 

女性が結婚したい男性の職業ランキング

1位 公務員

結婚したい男性の職業ランキング1位は「公務員」

安定の代名詞とも言える公務員は医者を超える人気で第1位となりました。
公務員よりも稼ぎの多い職業は多々ありますが、その分、公務員よりも忙しくなることは確実です。

有給が確実に消化できる上に、土日祝日が確実に休日となるなど、ワークライフバランスを重視する女性には魅力的にみえるのでしょう。

「収入がいくら多くても、日程に余裕のある生活ができなければ意味がない」
という意見が多数見受けられました。

2位 医者

第2位は言わずとしれた人気の職業「医者」

こちらはもうその安定性と収入に注目しての結果でしょう。
普通に働いているだけで確実に年収1000万円は超えてきます。
ひとつの職場を辞めたとしても、再就職先は必ず見つかります。

ただ、どのような働き方をするのかにも左右されますが、基本的には忙しい職場がほとんどなので、家庭を重視する女性からはあまり支持を得られなかったようです。

3位 会社員

第3位は会社員。

やはり、平凡が一番と言うことでしょうか。

コメントでは

「普通で良い」
「給料は多くないかもしれないが、なんだかんだ言って、会社員が一番幸せになれる」
「会社員以外出会う機会がない」

など、多くを望む女性ばかりではないようです。

4位 警察官・消防士

第4位は警察官・消防士。

警察官と消防士は公務員なので、1位の公務員に含めるか迷いましたが、指名の多い職業なので別の職業としてカウントしました。

コメントの中には

「たくましい肉体に惹かれる」
「守って欲しい」

など、強さやたくましさに魅力を感じる女性が多いようです。

5位 銀行員

第5位は銀行員。

銀行という安定感からの支持が多いのかと思われますが、現実はAI(人工知能)の活用によりかなり人減らしが行われている職業です。

10年後にもう一度調査をしてみれば、おそらくランキングには入ってこないと思われる職業です。

6位 弁護士

第6位は高収入が期待できる弁護士。

かつては医者と共にこの種のランキングでは無敵状態を誇っていた弁護士ですが、近年の人員増加の影響によって、収入が減少傾向にあります。

将来的にはAI(人工知能)の進化によって仕事量が減ることも予想されています。
弁護士も10年後のランキングからは除外されている可能性が高い職業です。

「頭が良くて高収入、言うことなし」
「兄が弁護士。実は儲かりにくい職業だということを知っている」
「裁判で人生経験を積んでそう」

7位 プロスポーツ選手

プロ野球選手やプロサッカー選手を含めたプロスポーツ選手が第7位にランクイン。

プロ野球ならレギュラークラスで5000万円程度、Jリーガーならレギュラークラスで2000万円程度の年俸が期待できます。

その一方で、怪我をしたり調子を落とせば1年で無職になる可能性もあり、結婚相手としては難しい選択肢なのかもしれません。

女性側からは

「そもそも出会う機会がない」

という意見も多かったです。

8位 経営者・自営業

第8位は経営者・自営業。

経営者や自営業者にも億単位でお金を稼ぐ人から、赤字決算の連続で資金繰りに苦労している社長まで様々な人がいます。

コメントでは

「浮き沈みはあるかもしれないが、トップの責任を持つ男性は魅力的」
「経営者といえば聞こえが良いが、実際にはフリーターに近い」

など、良くも悪くも様々な意見がありました。

9位 教師・講師

第9位には教師・講師がランクイン。

やはり、教鞭を執る姿に色気を感じる女性が多いのか

「先生という存在は無条件に尊敬できる」
「教師には人格者が多い」

など、好印象を持つ女性が多いようです。

10位 大工

第10位には意外な職業「大工」

派手さはないものの、安定感のある職業に惹かれる女性が多いようです。
職人であるために、腕さえあればどこにいっても働く事ができるのは魅力です。

「体ひとつで生計を立てていけるのは魅力」
「自分の家を建ててくれるから」

という現実的な意見もありました。

kiji

男性が結婚したい女性の職業ランキング

1位 幼稚園・保育園の先生

結婚したい女性の職業ランキング1位は「幼稚園・保育園の先生」でした。

やはり、母性を感じるのか男性は親近感を持つ人が多いようで、幼少の頃にやさしく教育されたからか、良い印象しかないようです。

「とにかく母性を感じる。結婚するなら最適」
「うまく育児をしてくれそうだから」
「保育士は激務なのでガッツがありそう」

2位 公務員

第2位はやはり安定の公務員。
男性の職業でも1位でしたが、結婚したい女性の職業でも2位という結果になりました。

男性女性問わず、安定職が一番人気があるようです。

「とにかく安定でしょ」
「男だけが稼ぐ時代は終わった。これからは2馬力」

3位 看護師

第3位は女性の定番職業「看護師」

女性では数少ない結婚後、退職しても100%再就職が可能な職業。
医療従事者という事もあり、周りからの評価も高い職業です。

「女性の最強職業。一生ついていきます。」
「離婚が多いというのが心配ですが、何をするにも医療の知識は役に立つ」

など、収入面での安定度や医療知識に対する安心感が魅力のようです。

4位 薬剤師

第4位も女性の定番職業「薬剤師」

薬剤師資格取得には6年制の大学に通う必要があります。
資格の価値が高く常に人手不足の業界で有資格者であれば引く手あまたの状況。

「看護師は夜勤があるが、薬剤師にはない。同じ医療職でも働きやすさが違う」
「薬剤師はなぜか美人が多い」

など、薬剤師に対する男性の評価は総じて高いようです。

5位 OL・事務員

第5位はOL・事務員。

これは男性の会社員と同様で「普通」の人が良いという事なのでしょうか。

「普通の仕事が一番」
「事務員はおっとりとした人が多そう」

など、どこにでもある仕事でありながら、意外と支持されている職業であることが判明しました。

6位 キャビアアテンダント(CA)

第6位は「キャビンアテンダント(CA)」

華やかな職業に見えますが、実は体力勝負のガテン系職業。
常に動きっぱなしの立ちっぱなしでお客様をもてなします。
その割には給与は低めなのがたまに傷ですが、制服姿に憧れを抱く男性は多いようです。

「CAは英語も話せて、見た目も良い。言うことはない」
「やはりあの制服姿は素晴らしい」

7位 医師

第7位は「医師」

意外な事に第7位には医師がランクイン。
医師であれば、たとえ女性であっても30歳を過ぎれば年収は軽く1000万円を超えます。
所得格差に苦しむことになる男性に人気があるのは意外な結果でした。

「単純に医師を尊敬しています。人の命を救う人と生活を共にできれば素晴らしいと思う」
「養って欲しい」

扶養を求める男性のコメントもありましたが、専業主夫も立派な職業だといえます。

8位 アナウンサー

第8位は「アナウンサー」

男性の憧れともいえる職業で、テレビでタレント同様に活躍する姿に惹かれる男性が多いようです。
ただし、アナウンサーの絶対数はタレントやアイドルよりも少ないため、出会う機会に苦労しそうです。

「容姿端麗でしっかりした人が多い」
「学歴が高く、良家のお嬢さんが多い」

など、見た目や家柄に注目している人も多いようです。

9位 アイドル・タレント

第9位は「アイドル・タレント」

男性のひとつの夢としては悪くないかもしれませんが、まず出会う機会をつくるだけでも至難の業といえ、簡単では無さそうです。

後は、メジャーなアイドル・タレントはほとんどが東京に居住しています。
東京居住者、最低でも関東圏に居住していないと実現は難しいかもしれません。

「いちどでいいからアイドルに朝ご飯をつくってもらいたい」
「IT社長になれれば、、」

など、希望的なコメントがありましたが、なかなか、、。
ただ、希に普通の会社員と結婚するアイドルの存在もあり、そのあたりの事情が多くの男性に夢を持たせる原因となっているのかもしれません。

男性が結婚したい女性の職業ランキングは9位まで。
その他の職業には栄養士や弁護士などがありましたが、どの職業にも大きな偏りはなかったため女性に関しては9位までで終了としました。

kiji

まとめ

やはり、男性と女性では求めるものが異なり、男性は経済力と容姿を女性は経済的安定を強く求める結果となりました。

かつてであれば、男性が女性に経済力を求めることは少なかったように思いますが、現在では共働きがあたりまえになっていることも影響しているのか、女性にも「経済力」を求める傾向にあるようです。

時代の移り変わりの変化と共に、男性と女性の違いが特徴的に表れたランキングデータとなりました。

この記事を書いた人
年収ガイド運営チーム

様々な専門知識を持ったスペシャリストチーム。
金融・人材系の知識が強い。

PAGE TOP↑