このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド年収マガジンマネーニュース > 【無限くら寿司】やり方と仕組み|2021年1月末までほぼタダで飲食可能

【無限くら寿司】やり方と仕組み|2021年1月末までほぼタダで飲食可能

2020年10月27日 2020年11月08日 10638 マネーニュース

この記事を見れば、無限くら寿司を完全理解することができます。

 

無限くら寿司とは

無限くら寿司とは「Go To Eat」のポイント還元制度を利用したほぼ毎日ほぼ無料でお寿司が食べられる仕組みで、理論上は「Go To Eat」終了予定日の2021年1月31日まで毎日、ほとんどタダで飲食が可能になります。

Go To Eatのポイント還元制度指定されたオンライン予約サイトで予約をして飲食店で食事をすると、一人あたり最大1000円のポイント還元が行われる。
※昼食時間帯:500ポイント、夕食時間帯:1000ポイント

無限になる仕組み

【1日目】
まずは、EPARKで「くら寿司」2名以上で予約をします。
予約時間に店に行き、人数x1000円以上の飲食をします。
支払い終了後、レシートをEPARKに送信すれば、人数x1000ポイントが1時間ほどで付与されます。

【2日目】
1日目と同様に、EPARKで「くら寿司」2名以上で予約をします。
予約時間に店に行き、人数x1000円以上の飲食をします。
レジでの支払時に前日に獲得したポイントを使用します。

支払い終了後、再びレシートをEPARKに送信すれば、人数x1000ポイントが1時間ほどで付与されます。

ポイントで支払ったにも関わらず、更にポイントが1時間程度で加算され、更に次回、即時使用ができる事が無限ループを成立させる理由となっています。

あとは、この手順を踏んでいくだけで、エンドレスループを成立させることが出来ます。
ポイント支給分を計算して食事をすれば、支払いは最初の金額だけで後は実質無料にすることも可能です。

3人の例

無限くら寿司 3人の例1日目に3人で3200円の食事。
3200円支払い。
EPARKで3000ポイント獲得。

2日目に3人で3100円の食事。
ポイント3000ポイント利用、100円のみ支払い。
※実質100円で3100円分の食事ができる。
EPARKで3000ポイント獲得。

3日目に3人で3300円の食事。
ポイント3000ポイント利用、300円のみ支払い。
※実質300円で3300円分の食事ができる。
EPARKで3000ポイント獲得。

4日目に3人で3500円の食事。
ポイント3000ポイント利用、500円のみ支払い。
※実質500円で3500円分の食事ができる。
EPARKで3000ポイント獲得。

飲食代金3000円ジャストを計算して食事をすれば、3000ポイントと相殺になり実質無料でのループも可能になる。

無限くら寿司 予約方法、やり方と手順

予約方法

手順1 くら寿司アプリを開く(EPARKアプリでも可能)

まずは、くら寿司、EPARKのアプリをインストールしてください。

くら寿司 Google Play で手に入れよう Download on the App Store
EPARK Google Play で手に入れよう Download on the App Store

そして、くら寿司のアプリかEPARKから希望店舗を予約します。
どちらからでも予約は可能ですが、くら寿司アプリの方が簡単です。

Go To Eatキャンペーンバナーをクリックします。

手順2 テーブル予約をする

テーブル予約をクリックして、希望する店舗を予約してください。

人数は2名以上からでないとポイント付与対象にはなりません。

日にちは常に選択が可能ですが、既に予約が埋まっている時間帯は非表示になり予約ができない仕組みになっています。
※時間が選択できない場合は予約が満杯ということ。

予約が承認されると予約番号が発行されます。

手順3 予約日時にくら寿司に行く

予約受付機で予約番号を入力してチェックインを行います。

手順4 人数x1000円分の飲食をする

1人あたりの最低金額ランチタイム(6時~14時59分)
1人あたり500円以上の食事代金。
12時(ランチタイム)に3人で予約したなら、3人x500円=1500円以上の飲食が必要です。※消費税を含む

ディナータイム(15時~翌朝5時59分)
1人あたり1000円以上の食事代金。
仮に19時(ディナータイム)に3人で予約したなら、3人x1000円=3000円以上の飲食が必要です。※消費税を含む

 最低金額を超えていないとポイントが付与されません。
必ず最低金額は超えるようにしてください。

計算方法のポイントとしては以下のようになります。
概ね消費税10%分を差し引いた飲食金額が目安になります。

◆2000円を目指すなら1820円以上の飲食
(消費税182円、総支払い額:2002円)

◆3000円を目指すなら2730円以上の飲食
(消費税273円、総支払い額:3003円)

◆4000円を目指すなら3640円以上の飲食
(消費税364円、総支払い額:4004円)

◆5000円を目指すなら4550円以上の飲食
(消費税455円、総支払い額:5005円)

手順5 支払いをしてレシートを貰う

レシートは必ずもらってください。
このレシートが無限ループを産み出す最初の第一歩です。

ポイントの申請・取得方法

続いてポイントの申請・取得方法を解説します。

手順1 くら寿司のアプリ Go To Eatキャンペーンバナーをクリック

Go To Eatキャンペーンバナーをクリックします。

手順2ポイント利用・取得申請をクリック

手順3 「ポイントをためる」をクリック

手順4 カメラボタンをクリックしてレシートを撮影

カメラボタンをクリックするとカメラが起動するので、レシートを撮影して送信します。

アップロードが正しく行われていれば、規定のポイントが付与されます。

手順5 ポイントの付与を確認する

レシートが承認されると1時間程度で、ステータスが付与済に切り替わります。
これでポイントの申請・取得は完了です。

ポイントの使い方・使用方法

手順1 予約したくら寿司で飲食を行う

予約をして、くら寿司で飲食をします。

手順2 支払い・会計前にくら寿司のアプリ Go To Eatキャンペーンバナーをクリック

Go To Eatキャンペーンバナーをクリックします。

手順3 ポイント利用・取得申請をクリック

手順4 「ポイントをつかう」をクリック

手順5 利用ポイントを入力して、QRコードを出す

 使用したいポイントを入力して、QRコードを生成すると↓

このQRコードを持ってレジに持って行き、「ポイントでお願いします」と伝えればポイントを使用することができます。

手順6 レシートを貰って終了 再び次回の無限くら寿司に使用

レシートは更に次回の無限くら寿司に使用しましょう。
楽天カードを提示すれば楽天ポイントまでついてきます。

トラブル:ポイントの利用店舗情報が出てこない場合 

まれにポイント使用時のQRコード作成時に利用店舗情報が表示されずに、支払いができないケースがあります。

これは、店舗側が入店処理をしていない時に発生する現象のようで、もし店舗情報が出てこない場合はお店の人にその旨を伝えると対応してもらえます。

対応後は概ね数分程度で店舗選択が可能となり、QRコードでのポイント支払いをすることができます。

注意点一覧

1人あたりの最低金額ランチタイム(6時~14時59分)
1人あたり500円以上の食事代金。
12時(ランチタイム)に3人で予約したなら、3人x500円=1500円以上の飲食が必要です。※消費税を含む

ディナータイム(15時~翌朝5時59分)
1人あたり1000円以上の食事代金。
仮に19時(ディナータイム)に3人で予約したなら、3人x1000円=3000円以上の飲食が必要です。※消費税を含む

最低金額を下回る場合にはポイントは付与されないため、注意が必要です。

必ず最低金額を超えるように計算して食事をしましょう。

計算方法のポイントとしては以下のようになります。
概ね消費税10%分を差し引いた飲食金額が目安になります。

◆2000円を目指すなら1820円以上の飲食
(消費税182円、総支払い額:2002円)

◆3000円を目指すなら2730円以上の飲食
(消費税273円、総支払い額:3003円)

◆4000円を目指すなら3640円以上の飲食
(消費税364円、総支払い額:4004円)

◆5000円を目指すなら4550円以上の飲食
(消費税455円、総支払い額:5005円)

最低金額以外の注意点一覧

最低金額以外の注意点

◆1日に2回まで可能。
2回以上は認められない。

◆2人以上、10人までの利用のみ。
1人ではポイントが付与されない。

◆レシートは必ずもらうこと。
レシートを撮影して、送信する必要があるため、絶対にもらうこと。

将来的には何らかの是正が入りそうな気配も

ほとんど無料で毎日飲食ができてしまうこの制度ですが、くら寿司、お客、どちらも制度の抜け穴を狙ったものではなく、自然な利用から発生するもので犯罪行為やマナー違反ではありません。

コロナ禍で国民も飲食店も疲弊していますから、お互いを互助すべく遠慮なく利用すべきでしょう。

ただし、このような無限ループを多くの飲食店がはじめてしまうとおそらく「Go To Eat」の予算は速攻で尽きてしまうと考えられます。

Go To Eatの予算野上浩太郎農林水産大臣は10月20日の会見で飲食業の支援策「Go To Eat キャンペーン」のポイント事業について、10月1~9日の9日間で558万人分の予約があったと公表した。
ポイント事業の給付金は616億円。
付与予定のポイントは49億円分となっており、約8%分が既に使用されている。

今後は何らかの制限が設定されるのか、あるいは予算の増額が行われるのか?

将来的にどのようになるのかは不明ですが、今はとりあえず美味しいお寿司を楽しめば良いかもしれませんね。

無限くら寿司 意外と飽きる

後、とても美味しい「くら寿司」ですが、連続して3回も行けば「しばらくは良いかな、、」と無限ループから離脱する人が続出したことも付け加えておきましょう。

「永遠に夕飯は無料だ!」と息巻いていた人も数日後には「何か無理やり食べる仕事みたいになってきた」と自らスマホを置いて去っていきました(笑)

いくら美味しいお寿司でも、ずっと食べ続けることは難しいようです(笑)

最後にGo To Eat対応の予約サイトを紹介しておきます。
無限くら寿司以外にも対応予約するためにアカウントを事前に作成しておく事をおすすめします。

Go To Eat対応の予約サイト◆楽天ポイントが付与されるぐるなび
◆Go To Eat対応数の多いホットペッパーグルメ
◆業界大手食べログ
◆Yahooグループで初回20%還元の Yahoo!ロコ
◆10%還元もある一休.com  

それでは素晴らしい、くら寿司ライフを!

この記事を書いた人
年収ガイド運営チーム

様々な専門知識を持ったスペシャリストチーム。
金融・人材系の知識が強い。