このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド>転職エージェント・転職サイトの選び方

人材畑20年のプロが教える転職エージェント・転職サイトの選び方

人材畑20年のプロの経験によって導き出された転職サイトの選択方法

転職サイト・転職エージェントの選び方は至極簡単。
まずは、何も考えずにまずは大手から登録してください。

なぜ大手から登録していくのか?
その理由は求人の流れを表した画像を見れば理解できると思います。

まず、給与が高く、福利厚生の充実した有名企業クラスの良質な求人というのは、大手の人材会社が第1候補になります。
※何を持って「良質」とするかは難しいところですが、、。

当たり前といえば当たり前の流れで、業種問わず良い物(求人)はまずは安定した規模の大きい人材会社に集中します。

そして、大手からあぶれた求人はその下の中堅人材会社に流れます。

実際には大手が駄目だから中堅に流れるわけではないのですが、イメージとしては大手人材の取り扱わない求人が中堅以下の人材会社で取り扱われるようになります。

そして、最後にハローワークを中心とした地域密着系の人材会社が受け皿となります。
このあたりになると肉体労働系の仕事や薄給企業の募集が中心になります。

この流れからもわかるように、優良会社で働きたい、良い仕事に就きたいのであれば、まずは大手の人材会社から登録する必要があるのです。

そして、そこが駄目だった場合に中堅人材会社、それが駄目だった場合に地域密着系の人材会社と変化していくのがベストです。

どこのエージェントに登録しようとも無料なので、はじめから手当たり次第に登録していっても問題はありません。
単純に分母が増加するため、急いでいる人ほど多くの人材会社に登録した方が良いでしょう。
※エージェントの登録面接で疲弊してしまうかもしれませんが、、。

後は、「あなたの魅力がどこの企業の目にとまるか」と「あなたの職歴・能力と企業側の求める能力の巡り合わせ(運)」で決まります。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いですが、転職サイトは簡単に言えば募集情報だけが掲載されているウェブサイトです。
あなたの思うように応募する事が可能ですが、相手企業の状況調査や取り次ぎは自身で行う必要があります。

転職エージェントはあなたに相応しい求人があった時に、その情報を知らせて面接までを取り次いでくれる人材会社の事をいいます。

相手先企業の情報(必要スキル・緊急度など)を保持しているため、見当外れの企業に紹介されることはありません。
少なからず、採用の目のある人材しか取り扱うことはしません。

言い換えれば、スキルや職歴の弱い人はあまり丁寧には扱われないデメリットもあります。
ただ、現在は相当な人材不足なので、どこの転職エージェントも登録者に対してはかなり丁寧に対応するようになってきています。

転職サイト サイトに登録して、自身で企業を選択して応募する。
転職エージェント 人材企業のエージェントが適切な求人を紹介してくれる。

名前が似通っているため混同しやすいのですが、単純にシステムの違いだけで、どちらが良い悪いというのはありません。

ほとんどの就職・転職希望者は転職サイトも転職エージェントも利用しているのが実情です。

20代におすすめの転職サイト

20代におすすめの転職サイトを集めました

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキングを一覧表示。
日本の上場企業のランキングを全て見ることができます。1位の企業は果たして‥。

200職種以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は?みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付け。日本の年収序列が明確にわかるランキングになっています。

全国1700市区町村の地方公務員の年収をランキング。
日本の公務員の年収序列が一目でわかる一覧データを掲載。