このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド職業・資格別年収ランキング>競馬の騎手・ジョッキーの年収データ

中央競馬の騎手・ジョッキー(中央競馬)の年収

出走数や勝利数からジョッキーの年収データを算出

2016年 中央競馬所属のジョッキーの収入データを掲載しています。
※データは獲得賞金・出走数をもとに算出した数値です。調教手当などジョッキーにはその他にも収入がある事が通常です。完全なデータではありませんので、参考程度にご覧ください。

競馬の騎手・ジョッキーの
平均年収

4019万円
最高:2億3627万円
最低:24万円
人数:133人

人数 最低 最高 平均年収
2016133人24万円2億3627万円4019万円
2015132人8万円1億7680万円4037万円
2014129人76万円1億8379万円4041万円
2013126人16万円1億6709万円4045万円
2012144人3万円1億9114万円3562万円
2011147人3万円1億8665万円3543万円
2010159人11万円1億4850万円3336万円
2009165人3万円1億7650万円3296万円

ジョッキーの平均年収はおおむね3000万円から4000万円程度とかなりの高収入です。
公営競技の中では群を抜いて高い給与水準を誇っています。

競艇選手:平均年収1600万円
競輪選手:平均年収1022万円

2016年 競馬の騎手・ジョッキーの年収ランキング

競馬の騎手の獲得賞金データと出走数データより算出されたランキングを掲載しています。

順位 騎手名 勝利数 獲得賞金 年収
1位C.ルメール186勝40億4075万円2億3627万円
2位戸崎圭太187勝33億8040万円2億1081万円
3位M.デムーロ132勝31億6099万円1億9029万円
4位川田将雅135勝29億3339万円1億7775万円
5位福永祐一106勝25億7135万円1億5910万円
6位武豊74勝23億3212万円1億4567万円
7位田辺裕信86勝16億9733万円1億1842万円
8位内田博幸89勝15億5249万円1億1711万円
9位和田竜二69勝14億4380万円1億1363万円
10位蛯名正義62勝15億7986万円1億1114万円
11位岩田康誠68勝14億2547万円1億771万円
12位松山弘平47勝12億7814万円9886万円
13位池添謙一56勝14億4639万円9704万円
14位柴田大知56勝11億7969万円9570万円
15位幸英明54勝10億5481万円8951万円
16位吉田隼人55勝12億462万円8887万円
17位大野拓弥52勝9億6444万円8454万円
18位浜中俊63勝12億4981万円8214万円
19位横山典弘54勝11億6929万円8146万円
20位藤岡康太62勝9億7532万円7821万円
21位吉田豊41勝9億1791万円7793万円
22位松若風馬52勝8億8234万円7648万円
23位柴山雄一54勝8億8636万円7579万円
24位北村友一51勝8億8071万円6895万円
25位石川裕紀人43勝7億4484万円6755万円
26位石橋脩42勝8億513万円6588万円
27位松岡正海35勝7億1856万円6513万円
28位勝浦正樹38勝7億1289万円6433万円
29位小牧太37勝7億7953万円6300万円
30位柴田善臣36勝7億940万円6059万円
31位菱田裕二41勝6億5796万円5975万円
32位津村明秀32勝6億7033万円5892万円
33位丸山元気39勝6億5652万円5646万円
34位木幡巧也45勝5億6657万円5515万円
35位藤岡佑介37勝7億1071万円5321万円
36位鮫島克駿30勝5億1421万円5205万円
37位松田大作32勝5億6116万円5151万円
38位太宰啓介17勝5億3564万円5009万円
39位四位洋文27勝7億224万円4982万円
40位丸田恭介29勝5億5478万円4872万円
41位三浦皇成32勝5億7629万円4693万円
42位古川吉洋23勝5億170万円4601万円
43位加藤祥太35勝4億2945万円4414万円
44位丹内祐次20勝4億2289万円4342万円
45位酒井学14勝4億391万円4322万円
46位田中勝春20勝4億4704万円4315万円
47位秋山真一郎25勝4億7725万円4052万円
48位中谷雄太25勝4億6762万円4033万円
49位川須栄彦14勝3億6819万円3586万円
50位坂井瑠星25勝3億1789万円3574万円
51位江田照男13勝2億5953万円3568万円
52位黛弘人21勝3億7514万円3545万円
53位木幡初也18勝2億9791万円3490万円
54位国分恭介23勝3億3021万円3475万円
55位武士沢友治10勝2億9806万円3362万円
56位義英真16勝2億4792万円3331万円
57位長岡禎仁19勝2億6134万円3173万円
58位荻野極20勝2億6134万円3163万円
59位井上敏樹14勝2億65万円3109万円
60位高倉稜15勝2億7430万円3063万円
61位岩崎翼14勝2億5787万円3033万円
62位野中悠太郎11勝1億9453万円2961万円
63位原田和真19勝2億6225万円2917万円
64位北村宏司24勝3億8095万円2910万円
65位横山和生15勝2億4690万円2868万円
66位嘉藤貴行10勝1億7554万円2844万円
67位国分優作7勝1億9749万円2698万円
68位城戸義政13勝1億9488万円2649万円
69位石神深一15勝4億2032万円2544万円
70位菊沢一樹7勝1億4309万円2387万円
71位川島信二16勝2億6518万円2346万円
72位伴啓太7勝1億2163万円2221万円
73位武幸四郎11勝1億9718万円1877万円
74位小崎綾也13勝1億5079万円1870万円
75位高田潤13勝2億9000万円1819万円
76位藤田菜七子6勝1億927万円1785万円
77位藤懸貴志8勝1億4843万円1782万円
78位鮫島良太9勝1億4622万円1729万円
79位西田雄一郎3勝9771万円1724万円
80位杉原誠人8勝1億6014万円1721万円
81位熊沢重文13勝1億9272万円1649万円
82位中井裕二7勝1億4563万円1527万円
83位三津谷隼人6勝7222万円1525万円
84位平沢健治12勝2億4279万円1517万円
85位田中健9勝1億2810万円1501万円
86位森裕太朗11勝1億1069万円1461万円
87位森一馬10勝1億9318万円1442万円
88位宮崎北斗5勝7420万円1429万円
89位植野貴也9勝1億9552万円1308万円
90位五十嵐雄祐10勝1億5793万円1301万円
91位岡田祥嗣7勝1億2736万円1237万円
92位水口優也4勝1億1434万円1217万円
93位村田一誠4勝6736万円1170万円
94位木幡初広3勝8066万円1169万円
95位岩部純二5勝5992万円1147万円
96位伊藤工真2勝7697万円1132万円
97位二本柳壮3勝7490万円1017万円
98位的場勇人4勝5586万円970万円
99位浜野谷憲尚7勝1億1430万円935万円
100位西村太一3勝5134万円914万円
101位小林徹弥3勝5012万円893万円
102位荻野琢真5勝6377万円835万円
103位竹之下智昭4勝8853万円779万円
104位山本康志4勝8353万円762万円
105位西谷誠3勝1億1566万円751万円
106位嶋田純次2勝3779万円718万円
107位小野寺祐太3勝6397万円712万円
108位白浜雄造3勝1億315万円703万円
109位菅原隆一3勝5746万円678万円
110位林満明2勝9957万円673万円
111位大江原圭2勝7614万円671万円
112位佐久間寛志4勝8411万円663万円
113位北沢伸也4勝9138万円649万円
114位中村将之2勝6065万円608万円
115位大庭和弥1勝2502万円607万円
116位柴田未崎4勝5269万円605万円
117位上野翔4勝5770万円536万円
118位草野太郎1勝4454万円522万円
119位小坂忠士2勝4477万円497万円
120位金子光希3勝4937万円492万円
121位蓑島靖典1勝3685万円409万円
122位難波剛健1勝4880万円382万円
123位田中博康1勝1755万円373万円
124位高野和馬1勝2523万円361万円
125位畑端省吾0勝980万円272万円
126位田村太雅1勝2500万円271万円
127位平野優0勝1120万円249万円
128位黒岩悠2勝2115万円239万円
129位江田勇亮1勝1470万円225万円
130位小島太一0勝673万円172万円
131位鈴木慶太1勝1460万円117万円
132位大下智0勝295万円111万円
133位花田大昂0勝50万円24万円

年収の算出方法は以下の数字を合算したものです。

◇獲得賞金x5%(ジョッキーの取り分)
◇出走数x騎手奨励手当(16000円)
◇出走数x騎乗手当(重賞:43000円 一般:26000円)

※G1レースは63000円。しかし、詳細データが取得できないため、重賞以上は全て43000円で計算。その他障害レースは騎乗手当が多く支給されるがレース数が少数のため加味せず、一般競争として処理。
※これらの収入の他に調教手当などもジョッキーの収入源の一つですが、調教騎乗数が取得できないため未加算。ジョッキーが受け取るメインとなる収入を算出しており、データは実態に近いと思われますが完全ではありません。参考程度にご覧ください。

1000万円以上・3000万円以上の割合

収入源について

ジョッキーの
収入
レース 賞金 賞金の5%
有馬記念の場合
2億円の賞金に対してジョッキーは1000万円
※馬主 80% 調教師 10% 厩務員 5% 騎手 5%
騎手奨励手当 16000円(1出走)
騎乗手当 GⅠ:63000円
重賞:43000円
一般:26000円
※障害競走を除く
その他 調教手当 数千円程度
騎乗契約料 調教師と騎乗契約を結んでいる場合
イベント・CM・出版など

騎手は基本的には個人事業主となるため、JRAから毎月決まった給与が与えられることはありません。
レースに出走して獲得した賞金と各種手当てが主な収入源になります。
レース以外では、馬の調教手当や騎乗契約の収入があります。
人気騎手になるとテレビ出演やCMなど競馬以外からの収入も期待できるようになります。

解説

ジョッキーのなり方や収入状況、引退状況などについての解説。

収入について

2016年 中央競馬の騎手の平均年収は4019万円でした。
総数133人の年収別人数をみてみると

1億円以上:11人
5000万円以上:38人
3000万円以上:61人
1000万円以上:97人

ですから、ジョッキーの収入の異次元ぶりを感じる事ができるでしょう。

全ジョッキーの中で中位のランキングになれば年収で2000万円を超える。

全体の65位で年収は2500万円程度。
勝利数にして10勝から20勝程度ですが、この水準でも年収は2000万円を超えます。

全ジョッキーの4分の1(25%)くらいになると年収6000万円以上。

全体の30位で年収は6000万円程度。
勝利数にして40勝程度ですが、これだけ勝てれば収入も相当な金額になります。
ただ、この水準でも競馬ファンに以外は名前も聞いたことのないジョッキーがほとんどで知名度はあまり高くありません。

トップ10は年収1億円以上。

リーディングトップ10に入るようなトップジョッキーともなると、年収はゆうに1億円を超えています。
勝利数は100勝を超え、ほとんどの重賞は彼らの騎乗馬が優勝しています。
武豊騎手や浜中俊騎手などG1レースでもおなじみのジョッキーがこのクラスです。

新人騎手でも年収1000万円

年収ランキングを見てもわかるように、ほとんどのジョッキーが年収1000万円以上です。
競馬学校を卒業したての新人でも、小さなレースで5勝もすれば年収は1000万円を超えてきます。

三菱商事も顔負けの高給職業で、新人ジョッキーでも高級車をバンバンと乗り換えられる位の高待遇だといいます。

ただ、現役でいられる期間は長くないため、ランキングで中位以上の実力でないと生涯賃金ではそれほど大きな金額にはなりません。
※ジョッキーの平均引退年齢は30代。現役の期間は20年にも満たない。下位のジョッキーほど現役の期間は短くなる。

実力が全ての競馬界では、騎乗依頼もお金も上位ジョッキーに集中しています。

騎手・ジョッキーになるには

中央競馬の騎手になるには、JRAが運営する三年制の「競馬学校」に入学する必要があります。
競馬学校への入学者数は15名程度。倍率は毎年10倍以上と難関。

試験自体に乗馬経験は求められることはなく、乗馬経験の無い人でも入学が認められています。
乗馬未経験から卒業後に第一線で活躍している人もいます。
ただ、当然ながら乗馬経験のある人の方が合格者が多いようです。

※競馬学校募集要項の但し書き
乗馬未経験で競馬学校に入学した者であっても、現在、第一線で活躍している卒業生(騎手)は数多くおります。 第2次試験で「騎乗適性検査」を実施しますが、これは騎手としての適性を検査するものであり、現時点での騎乗技術の 巧拙を問うものではありません。
乗馬未経験者については、そのレベルに応じた検査を行います。
多くの皆さんの挑戦をお待ちしております。

『競馬学校応募資格』

◇競馬学校入学時に中学校卒業以上の学歴を有する者、又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者で、4月1日現在の年齢が20歳未満の者。
◇体重が45キロ前後の者。
※年齢に応じて規定がある。身長制限はないが、あまりに大きいとジョッキーになることは難しくなる。
◇視力が裸眼で0.8以上の者 など。

競馬学校卒業後

競馬学校卒業前に「騎手免許試験」があり、その試験に合格することができれば、晴れて「ジョッキー」として全国の競馬場で活躍することができます。

騎乗依頼と引退

武豊騎手や福永騎手などリーディングのトップを争うような騎手ならば、騎乗依頼が殺到するうえに騎乗する馬の質も高いため、安定して高収入を得ることができます。

しかし、下位のジョッキーにはそれなりの依頼数とそれなりの質の騎乗馬しか集まることはありません。
そのため、馬主や調教師から一度低い評価をされてしまうと、そこからは成績が上がることはほとんどなく、徐々に騎乗依頼が減少していき、引退へとつながっていくことが多いようです。

ジョッキーの引退年齢は実力によってまちまちですが、早い騎手では競馬学校を卒業後、デビューしてから20代の内に引退する人もいます。
50代まで一線級で活躍するジョッキーは極めてまれなケースで、平均的には30代で引退していくことが多いようです。

その他のピックアップ職業一覧

他の195職種の
職業・資格 年収ランキングを見る

50音順職業一覧

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキング。
年収ガイド1番人気のコンテンツ。
日本中に存在する大企業の年収ランキングを見ることができます。

年収ガイドで2番目に人気のあるコンテンツ。
140種類以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は、みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付けを行いました。
日本の序列が明確にわかるランキングになっています。

PAGE TOP↑