このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイドその他の年収データ一覧>学歴別の年収・収入格差データ

学歴別の年収・収入格差データ

統計データをもとに学歴別の年収格差データを掲載

学歴別の年収・生涯年収データです。
学歴別の平均年収・生涯年収は以下の様になりました。

学歴別平均年収

学歴(年収) 男性 女性
中学卒 383万9600円 242万6500円
高校卒 458万5100円 294万2300円
高専・短大卒 484万1300円 381万2100円
大学・大学院卒 648万1600円 443万4600円

※データ 「平成24年 賃金構造基本統計調査」

学歴別生涯年収

学歴(生涯年収) 男性 女性
中学卒 1億7130万円 1億1050万円
高校卒 1億9040万円 1億2470万円
高専・短大卒 2億40万円 1億5890万円
大学・大学院卒 2億5180万円 1億9930万円

※データ 「ユースフル労働統計-労働統計加工指標集-2012」より参照。

大学・大学院卒はそれ以外の学歴と年収では約160万円、生涯年収では5000万円以上の差があり、優遇されているのが見て取れます。
しかしながら、それ以外の学歴間ではそれほど大きな差があるわけではありません。
日本国民のほとんどが高校を卒業する事を考えれば、大卒以外ではそれほど学歴による格差は無いと言えるでしょう。

続けて、学歴別(大学院卒・大学卒、高専卒・短期大学卒、高校卒、中学卒)の賃金カーブを見てみましょう。

学歴別賃金カーブ

※データ 「平成24年 賃金構造基本統計調査」より

大学卒以上は20代から50代まで右肩上がりに収入は増加し、年齢を重ねる毎に他の学歴との差が拡がっていきます。 大学卒以外の学歴間では多少の差はありますが、それほど大きな格差は見られません。

「学歴は関係ない」と言われることも少なくない現代社会ですが、データを照らし合わせてみれば、実際はまだまだ「学歴社会」であり続けているようです。

各種学校を卒業した後は、ほとんどの人が給与所得者として働く事になります。
そんな中、一般の人が安定した高収入を得る近道は給与水準の高い大手企業や有名企業に入社することといえます。そして、多くの人がそのゴールを目指して就職活動を行っています。

ただ、有力企業であればあるほど「大学卒以上」もっと言えば「名門大学」に重きを置いた採用を行う傾向にあります。
各企業で「学歴」が社会人としての最も有力な客観的指標として採用されている以上、「高年収・高収入・安定」を求めるのであれば、大学卒以上という学歴は必須と言えるのかも知れません。

結論としては

安定した生活・高収入を目指すなら大学進学が望ましい。
それ以外の進学先では学歴による差はそれほど大きくない。

ということが言えるでしょう。

PAGE TOP↑