このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイドサラリーマン・一般の年収データ一覧>企業規模別の平均年収格差

企業規模別の平均年収格差

企業規模別の収入状況を掲載

2014年、国税庁「民間給与の実態調査結果」をもとに、企業規模別(資本金・個人など)の平均年収を集計しました。資本金に応じた年収のデータグラフをご覧ください。

資本金 給与 賞与(ボーナス) 平均年収
個人 230.5万円 25.1万円 255.6万円
2000万円未満 326.4万円 26.1万円 352.5万円
2000万円以上 343.0万円 45.5万円 388.5万円
5000万円以上 345.1万円 59.2万円 404.3万円
1億円以上 370.4万円 81.2万円 451.6万円
10億円以上 446.0万円 132.8万円 578.8万円
資本金 給与 賞与(ボーナス) 平均年収
個人 285.3万円 22.7万円 310.4万円
2000万円未満 394.3万円 32.3万円 420.4万円
2000万円以上 403.2万円 55.4万円 448.7万円
5000万円以上 412.2万円 74.5万円 471.4万円
1億円以上 443.4万円 104.1万円 524.6万円
10億円以上 533.5万円 166.5万円 666.3万円
資本金 給与 賞与(ボーナス) 平均年収
個人 203.5万円 26.4万円 228.6万円
2000万円未満 217.8万円 16.1万円 243.9万円
2000万円以上 224.0万円 25.8万円 269.5万円
5000万円以上 225.5万円 31.7万円 284.7万円
1億円以上 235.8万円 39.2万円 317万円
10億円以上 254.4万円 59.1万円 387.2万円

企業規模(資本金)が大きな企業ほど年収面で優遇されている

資本金別の年収データを見てみると、資本金、つまり企業規模が大きいほど高収入になる傾向にあります。
資本金5000万円以上までは緩やかに上昇し、それほど大きな差はありません。

しかし、資本金1億円以上(主に中規模企業)となるとグンと年収がアップし、更に10億円以上(主に大企業)ともなると給与・ボーナスともに伸び率が大幅に拡がり、年収で100万円以上もアップしています。

女性も同様の傾向にあり高年収を目指すならば、やはり大企業への就職が一番確実な方法と言えそうです。

PAGE TOP↑