このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド職業・資格別年収ランキング>銀行員の年収

銀行員の年収

銀行で働く銀行員の収入状況を掲載

東京商工リサーチ「国内銀行101行の平均年間給与調査」より、銀行員の年収・収入状況を掲載しています。

銀行員の年収

平均年収:616万円

大手銀行:747万円
地方銀行:632万円
第二地銀:560万円

銀行員の年収・収入について

銀行員とは

銀行員とは銀行で銀行で働いている従業員の事をいいます。
銀行では預金の管理や貸し付け業務、為替業務など金融に関するあらゆる業務を担当します。

銀行員になるには

銀行員になるには一般企業と同様に銀行の採用試験を受験し、採用されればなることができます。
日本には外資系も含めると100以上の銀行がありますが、そのほとんどは大卒者を中心に採用が行われているため、大学への進学が必須となります。※総合職
厳密に「お金」を扱う職業ですから、事務処理能力の高い人材が求められるのは当然のことと言えます。

また、 メガバンクなど人気銀行では有名大学出身者を中心に採用が行われているため、メガバンクへの就職を目指すなら東京大学・京都大学・早稲田大学・慶応大学など有名大学への進学を中心に考えると良いでしょう。

収入について

2015年3月期の国内銀行101行の平均年間給与は616万円でした。
サラリーマンの約400万円と比べると優遇されている給与水準です。
上場企業でいえば、三菱自動車工業シャープと同レベル。
ランキングでは、上場企業3000社以上の中1000位、上位3分の1くらいです。

◇大手銀行:747万円
◇地方銀行:632万円
◇第二地銀:560万円

※大手銀行  東京や大阪に本店を構えている全国規模の銀行。メガバンクなど。
※地方銀行 全国地方銀行協会の会員。地方の有力銀行。
※第二地銀 第二地方銀行協会の会員。地域密着型の小規模銀行が多い。

やはり、メガバンクが所属する「大手銀行」グループの年収が高く地方銀行とは約100万円、第二地銀とは約200万円の収入差があります。
大手の給与が高く、小規模銀行ほど給与が低くなるというのは一般企業と同様です。

大手銀行で年収700万円以上、平均でも年収600万円を超える優良職業の「銀行員」
メガバンクであれば、30歳過ぎで年収1000万円を超えるところもあり、高年収の代表格として古くから知られてきました。

ただ、銀行といっても600万円以上の高年収が期待できるのは地方銀行規模以上の銀行に限定されます。

第二地銀に関しては世間一般の年収水準とさほど違いはありませんが、地方での生活が中心となることを加味すると、地方の一般企業よりは優遇されている事が多いでしょう。
大都市ではない地方の企業で平均年収が500万円を超える企業はそう多くはありません。

大手銀行 地方銀行 第二地銀 銀行平均
2015年 747万円 632万円 560万円 616万円
2014年 744万円 630万円 549万円 609万円
2013年 738万円 628万円 546万円 608万円
2012年 738万円 627万円 542万円 604万円
2011年 739万円 628万円 539万円 603万円

2015年 銀行別平均年収ランキング

順位 業態 銀行名 年収
1 大手 三井住友銀行 879万円
2 第二地銀 東京スター銀行 821万円
3 地方 スルガ銀行 793万円
4 大手 三井東京UFJ銀行 791万円
5 大手 新生銀行 770万円
6 大手 あおぞら銀行 768万円
7 地方 静岡銀行 766万円
8 地方 横浜銀行 757万円
9 地方 千葉銀行 742万円
10 大手 みずほ銀行 738万円
11 地方 常陽銀行 726万円
12 地方 群馬銀行 725万円
13 地方 七十七銀行 724万円
14 地方 阿波銀行 722万円
15 地方 滋賀銀行 711万円
16 地方 百五銀行 701万円
17 地方 広島銀行 692万円
18 地方 南都銀行 690万円
19 地方 伊予銀行 686万円
20 地方 第四銀行 686万円

銀行員の収入の特徴

高収入が期待できる銀行員ですが、その内情はなかなか厳しい世界のようです。

実は入社した銀行で定年まで勤め上げる人はあまりいません。
というのも、銀行員という職業は、ある一定の年齢になるとほどんどの人は関連会社などへ出向になるシステムになっているため、出世コースに乗った実力者以外は銀行本体に残る事はできないのです。

メガバンクでは50歳前後にはほとんどの人が出向になり、給与はそれまでの七割から半分程度に減収します。
ある一定の年齢までは高年収ですが出向後は減収となるため、生涯賃金にすると世間一般の水準と大きな差は無くなります。

そのため、高収入が約束される銀行本体になんとか残ろうと、銀行内部では一般企業では考えられないような熾烈な出世競争が繰り広げられているといいます。

銀行員出世経路図
※週刊ダイヤモンド参照

【20代前半】
狭き採用試験をくぐり抜け新入行員として働き始める。
全同期行員を含めた出世レースがスタート。
【20代】
日本橋、丸の内など有力な名門支店で働けるか否か。
どの支店に異動になるかで会社側の自身に対する期待値がわかる。
有力者ほど大きな支店、重要支店に配属される。
【30代前半】
本部配属
上席調査役
※約6割が昇格する
【40代前半】
本部の次長
副支店長
※約2割が昇格する
【40代後半】
本部の部長
名門支店・重要支店の支社長
※5%程度が昇格
【50歳程度】
執行役員
ここまで残れるのは全体の2%程度。
それ以外は関連会社など外部に出向となる。

その他のピックアップ職業一覧

他の195職種の
職業・資格 年収ランキングを見る

50音順職業一覧

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキング。
年収ガイド1番人気のコンテンツ。
日本中に存在する大企業の年収ランキングを見ることができます。

年収ガイドで2番目に人気のあるコンテンツ。
140種類以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は、みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付けを行いました。
日本の序列が明確にわかるランキングになっています。

PAGE TOP↑