このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド職業・資格別年収ランキング>シングルファザーの年収

シングルファザーの年収

厚生労働省発表の統計データよりシングルファザーの収入状況を掲載

厚生労働省発表「全国母子世帯等調査結果報告」から父子家庭・シングルファザーの年収データを集計し、掲載しています。

平成22年
シングルファザー
父子世帯の年収

父親自身の年収:380万円
父子世帯の年収:455万円

年間収入状況

平成17年・平成22年の父子世帯の収入状況です。

  平成17年収入 平成22年収入
(自身)
平成22年
(世帯)
平均世帯人員 4.02人 - 3.42人
平均収入 421万円 380万円 455万円
平均収入
(そのうち勤労によるもの)
398万円 360万円 -
中央値 391万円 323万円 390万円
中央値
(そのうち勤労によるもの)
366万円 300万円 -

児童のいる世帯と
父子・母子世帯の比較(平成22年)
児童のいる世帯 母子世帯 父子世帯
平均世帯人員
児童のいる世帯を100とした場合
658.1万円
(100)
291万円
(44.2)
455万円
(69.1)

父子家庭世帯の平均年収は455万円、父親自身の平均年収は380万円でした。

平成22年の児童のいる世帯の平均年収が658.1万円、世間一般の年収データが412万円ですから、一般の平均よりも若干低い数値となっています。
母子家庭世帯(291万円)よりも収入面で大きく差がついていますが、男性の方が正社員率が高く、安定した仕事に就きやすいためと考えられます。

児童のいる世帯を100としたの父子家庭の収入割合は69.1ですから、十分ではありませんが生活自体に困ることは無さそうです。

シングルファザー・父子家庭の年収構成

父子家庭の「父」の年収構成割合を見てみましょう。
年収構成割合とは区切られた年収条件の中で、どれだけの割合が存在しているかを見るものです。

  総数 100万未満 100万~200万 200万~300万 300万~400万 400万以上 勤労収入
平成18年 100% 4.3% 11.8% 21.1% 17.4% 45.3% 398万円
平成23年
総数
517 49
(9.5%)
65
(12.6%)
111
(21.5%)
97
(18.8%)
195
(37.7%)
360万円
死別 91 11
(12.1%)
7
(7.7%)
15
(16.5%)
14
(15.4%)
44
(48.4%)
444万円
生別 426 38
(8.9%)
58
(13.6%)
96
(22.5%)
83
(19.5%)
151
(35.4%)
342万円
離婚 385 34
(8.8%)
52
(13.5%)
80
(20.8%)
78
(20.3%)
141
(36.6%)
347万円
未婚 7 1
(14.3%)
1
(14.3%)
2
(28.6%)
3
(42.9%)
- 225万円
その他 34 3
(8.8%)
5
(14.7%)
14
(41.2%)
2
(5.9%)
10
(29.4%)
308万円

以下は父子家庭の「世帯」の年収構成割合。

  総数 100万未満 100万~200万 200万~300万 300万~400万 400万以上 勤労収入
平成18年 100% 4.3% 10.2% 15.5% 20.9% 49.2% 421万円
平成23年
総数
517 16
(3.1%)
46
(8.9%)
98
(19.0%)
100
(19.3%)
257
(49.7%)
455万円
死別 91 3
(3.3%)
6
(6.6%)
13
(14.3%)
16
(17.6%)
53
(58.2%)
568万円
生別 426 13
(3.1%)
40
(9.4%)
85
(20.0%)
84
(19.7%)
204
(47.9%)
431万円
離婚 385 13
(3.4%)
33
(8.6%)
74
(19.2%)
78
(20.3%)
187
(48.6%)
435万円
未婚 7 - - 3
(42.9%)
2
(28.6%)
2
(28.6%)
365万円
その他 34 - 7
(20.6%)
8
(23.5%)
4
(11.8%)
15
(44.1%)
392万円

父子家庭の最貧困層は少ない

母子家庭世帯では年収200万円以下が50%を超えていましたが、父子家庭ではその割合は10%程度です。
70%以上が年収300万円を超えており、経済力のある男性だけに最貧困層の割合はかなり少なくなっています。

その他のピックアップ職業一覧

他の195職種の
職業・資格 年収ランキングを見る

50音順職業一覧

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキング。
年収ガイド1番人気のコンテンツ。
日本中に存在する大企業の年収ランキングを見ることができます。

年収ガイドで2番目に人気のあるコンテンツ。
140種類以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は、みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付けを行いました。
日本の序列が明確にわかるランキングになっています。

PAGE TOP↑