このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド職業・資格別年収ランキング>映画監督の年収

映画監督の年収

映画を撮影する映画監督の収入状況を掲載

日本映画監督協会などの様々な情報データを集計し、映画監督の年収・収入状況を掲載しています。

映画監督の年収

駆け出し:0~数十万
有名監督:1000万円以上

最低年収:350万円
※日本映画監督協会規定

映画監督の年収・収入について

収入について

映画監督の収入は監督の経歴やスポンサーなどの要素によって様々なのが一般的で、平均年収は取得できませんでした。
おおむね駆け出しの頃でノーギャラ~数十万円、有名監督で1000万円以上となるようです。
ノーギャラならまだ良い方で、中には借金をして自腹で制作費を請け負っている監督も少なくありません。
日本映画監督協会では最低報酬に350万円が設定されていますが、実際にはその規定はあって無いようなものだといいます。

共通していわれているのは「映画監督は喰えない」ことで、日本では映画監督の仕事だけで食べていける人はほとんどいないのが実情です。
ほとんどの人が兼業で、学校の講師やCM撮影など監督業以外のアルバイトをこなしながら続けています。

・年間に何本も撮れない。
・企画から編集までの期間と制作費がかかるが収入は少ない。※映画としての興行収入のこと
・日本の映画のマーケットが小さく、資金集めが難しい。

いくつかの要因はありますが、日本の映画監督の収入状況はかなり厳しく、現在では日本を代表するメジャー監督に成り上がった「園子温」監督でさえ、40代まではまともにご飯が食べられなかったといいます。

映画監督になるには

映画監督になるにはいくつかのルートがあります。

1.映像系の専門学校などから映画の製作会社などに入社し、監督になる。
2.自主制作で映画を制作する。コンテストで入賞するなど能力が認められ興業映画を制作する。
3.映画監督などに弟子入りし実力を磨き、後に監督になるチャンスを目指す。
4.俳優やタレントから映画監督になる。

1年目:ギャラ100万円程度。低予算の映画をつくりあげる。
5年目:ギャラ300万円程度。
10年目:ギャラ500万円程度。
※ヴァンタンスクープより

基本的にはまずは最初に小さな映画を撮影します。
※最初に監督を担当することすらも相当な努力と能力が必要。

その後は能力次第で徐々に大きな作品が撮れる立場にステップアップしていくのが通常です。
ただ、最初の映画を監督する前に、ステップアップの間に、多くの監督志望者が現実の厳しさに直面し、業界を去っていくといいます。
全国の映画館で放映されるような監督になれるのはほんの一握りで、ほとんどの人はなりたくてもなれないのが現実です。

その他のピックアップ職業一覧

他の195職種の
職業・資格 年収ランキングを見る

50音順職業一覧

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキング。
年収ガイド1番人気のコンテンツ。
日本中に存在する大企業の年収ランキングを見ることができます。

年収ガイドで2番目に人気のあるコンテンツ。
140種類以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は、みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付けを行いました。
日本の序列が明確にわかるランキングになっています。

PAGE TOP↑