このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド年収マガジンその他> 貧困が貧困を生み出すという「貧困の連鎖」の嘘

貧困が貧困を生み出すという「貧困の連鎖」の嘘

2016年07月21日

|更新:2016年10月22日

|views:1247

その他

貧困が貧困を生み出すという負の連鎖。
近年は新聞やニュースなどで目にする機会も多くなってきている。
貧困家庭に生まれた子供は貧困家庭をつくりだす可能性が高いということだが、果たして本当なのだろうか?
実際に数々の統計データで立証されているが、今回は別の観点からこの事象を検証してみることに。

というのも、現在の日本において貧困家庭だからといって「普通」に浮上する事ができない「ノーチャンス」の状況などあり得るものなのだろうか。
世界最貧国のバングラディシュクラスの貧度ならともかく、生活保護制度など最低限かつ世界最高の社会福祉がある日本で「抜け出せない」というのは考えにくい。

そこで、お金ではない「他の何か」が貧困の連鎖を生み出す原因なのでは‥、という疑問が湧き出てきたのだ。

貧困の連鎖とは

まずは簡単に貧困の連鎖について。

貧困家庭の子供はあらゆる物事に対して「お金がない」ために、チャレンジの機会が失われた結果、必要な能力を高めることができずに「足りない」まま大人になってしまう。

そして、社会人として十分な職に就く事ができずに子供時代のような貧困家庭を再びつくり出してしまうという負のスパイラルの事を言う。

お金の問題なのか、それ以外の問題なのか

統計データで立証されているため、貧困の連鎖自体は「嘘」ではない。
ただ、疑問点はその原因が「お金」であるか否かということだ。

そこで、何人かの貧困家庭出身者で現在も貧困状態に近い人、数人に話を聞くことができた。
残念ながら数人しかリサーチすることができず、統計データとしては成立し得ないものになってしまったが、それなりに確かなものを得ることができた。

リサーチの結果

驚かれるかもしれないが、結論を先に言うと貧困の連鎖はお金が原因では無いように感じた。

まず、貧困が連鎖しているケースでは親がダメ親である事が多かった。
ギャンブル狂や仕事をしない、酒乱、異性にだらしない親、離婚家庭(あるいは離婚はしていないが不仲)のケースが多くを占めており、悪い言い方をすればその日暮らしのイメージ。
また、子供のまま親になったような、自分勝手に好きに生きている印象を受けたケースがほとんどであった。

それらの影響を子供も色濃く受け継いでおり、努力ができない、我慢ができないために勉強も就職もうまくいかずに貧困状態に陥ってしまっている。
また、離婚をしていたり結婚願望が薄い人も多かった。

世間一般のイメージでは、勉強や努力をしたいのにお金がないために努力することができない、頑張れない、といった印象かも知れないが、実際には努力したくない、しんどい事はやりたくないという人が連鎖の大勢を占めているのが実情だと感じた。

共通して感じた違和感

話を聞く中で共通して感じた違和感がある。

それは、努力ができないのではなく、努力をするという選択肢自体が無いということ。
もっと言えば、努力をして何かを達成するという経験をしたことがない人ばかりなのだ。

努力という選択肢が頭の中から除外されてしまい、「適切な困難」の後には「望む未来」が待っていることを理解できない様子であった。
努力をすることで何かを得られる事は知ってはいるものの、それは自身とは関係のないどこか遠い国の出来事として捉えているようなそんな印象を受けた。

彼らは努力や我慢が得意ではなかったが、決して不真面目な人間ではなかった。
コミュニケーションも取れるし、ハローワークで適切に仕事を探すことができる。
給料の高い仕事を求めてはいながらも、現状のスキルではそういう仕事に就けないことも理解している。

ただ、「給与の高い仕事に就きたいのなら、もっと勉強をするとか資格を取るとかそういうことをすればいいよ」と進言したところで快い回答を返す人はいなかった。

導き出された仮説

おそらく貧困の連鎖の一番の原因は周りの環境であってお金の問題がすべてではない。
仮に、彼らに今すぐにまとまったお金を与えたとしても、状況が改善していくとは思えない印象があった。

金銭的な理由で可能性を制限されることによって貧困が連鎖するのではなく、知らず知らずのうちに貧困家庭を作り出す環境を踏襲してしまうがために貧困が連鎖するのだ。

貧困に関してだけでなく

・東大生の親は東大生が多い。
・若年出産の子は若年出産になるケースが多い。
・離婚家庭の子は離婚が多い。
・虐待された親は自身の子に虐待しやすい。

など、様々なケースでも同じ傾向がみられるように思う。

あくまでも数人程度のデータしか取得できていないため、統計としてはほとんど信頼には値しないデータと言えるのが残念ではあるのが、環境の連鎖が貧困の連鎖を生み出している事は間違いがないように思える。

あなたのまわりではいかがだろうか。

PAGE TOP↑